グラフィックボードの妥当な選び方

ガジェット

ゲームをプレイするにあたって重要になってくる部品の一つにグラフィックボードがあります

高画質なゲームや3D CADを快適に行うためにはほぼ必須です

今回は色々な選び方を紹介していきます

はじめての方へ

GPUはCPUよりもメーカーの種類が豊富です

基本的にGBの数値が多いほど性能が高く 品物がでかく 消費電力が多いです

高性能すぎるものだとW数が足らなくなったり

PCケースの中に入らなかったり CPUとバランスが取れていないと安定したパフォーマンスが出せなかったりします(ボトルネック)

自分の財布とPCの性能をよく見ながら購入しましょう

値段で選ぶ方法

GPU(グラフィックボード)はGBで分けるとこのような感じです

安いものだと4000円位の物もあり価格の幅が広いです

CPUの性能と照らし合わせて購入するのも良いと思います

目的で選ぶ方法

CADなど特定のゲームをプレイしたい場合はこちらの方法をおすすめします

例えばこのBeatmania IIDX INFINITAS というゲームですが必要なGBが1GBとかなり少ないです

グラフィック機能はGPUのことです

Beatmania IIDX INFINITAS 動作環境

次にMayaという3DCGソフトですがGeForece GTX 680というこの中でも最低のスペックで4GBが必要とかなり高いです

Autodesk Maya 動作環境

このようにゲームやソフトによってもスペックがかなり違ってきます

やりたいゲームやソフトがあった時は推奨スペックを一度調べてみましょう

まとめ

必要以上に性能を上げるのはあまりおすすめしないです

自分に合ったGPUを選んでいきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました