【とりあえずDLして使えるようにする】LaravelのDL方法を書いた

メイク

LaravelのDL方法が難しくて良く分からなかったのでとりあえずDLして使えるようにする方法を書きました

DL出来なくて行き詰まってる方は参考になると嬉しいです

必要な物

XAMPP

Composerを起動させるのに必要です

Composer

Laravelを起動するのに必要です おっさんが目印

DLの準備

windowsの方法しか書いてません

Windowsの方法

XAMPPのDL

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

公式サイトに行くとこんな感じに表示されているのでここからDL

Verとかの違いとかは大丈夫?

Verが違ってもComposerが勝手に判別してくれるので大丈夫です

メンドクサイならとりあえずPHP 8.0.9で良いと思います

設定は特に弄らずNextボタンを連打してインストール

少しインストールに時間が掛かります

変なウィンドウが出たらOK

ComposerのDL方法

Composer (getcomposer.org)

公式サイトに行くとこんな感じに表示されているのでここからDL

downloadのボタンを押すと文字が沢山出るので赤い枠のexeファイルをDLしましょう

exeファイルを開くとDLの準備に入りますがここでも特に設定は弄らないでください

developer modeを押してDLするとLaravelが入らなかったです

Nextを押すとさっきの XAMPPがあります

無い場合

まだインストール中の場合があります 一回ゲームして落ち着きましょう

Proxy Settingsとか表示されますが気にしないで全部Nextを押します

LaravelのDL方法

コマンドプロンプト cmdを左下のアレから起動させます

cmdと入力すれば出てきます

cmdが出たら composer と入力すると大きくAA文字が出ます

次に

composer global require “laravel/installer”

と入力してDLが完了したら

laravel -V

を押すとLaravelのインストールがされます

Laravel Installerと出ればインストールが完了しました

Laravelを見る方法

Laravelを作る

cd c:\xampp\htdocs

さっきのコマンドのやつで上記の文字を入力してxamppのファイルを見つけます

laravel new abc

そして上記のコマンドを入れればLaravelが作られます

laravel new DPA2626

この時newからこんな感じに別の好きな文でもOK

PCのドライブ

Xamppを見てドキュメントhtdocsを見るとさっき作ったabcがあります

Laravelを見る

XXampを開き左上の Apachestart 押して起動します

そして一度何でも良いのでブラウザを開き上の検索する所で

http://localhost/さっき入れた名前/public

を入れると

Laravelを見つける事が出来ました テンション上がります

なおこれはローカルサーバで自分のPC上で動いているためWi-Fiを切っても問題なく動作します

無人島でもLaravelが使えるという訳ですね

終了方法

先ほどのApacheの欄の青い枠の所のStopを押してください

これをしないと×を押して閉じても内部で起動状態になってしまいます

このように表示されるようになってたら停止が完了しています

やったぜ

これでLaravelの開発環境が出来るようになりました

がんばりましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました