SteamのVRで使えるVRヘッドセットの特徴 違いを解説

ゲーム

こんにちはM2Iです お店でVRヘッドセット付けて遊んだら頭ぶつけました

SteamのVRで使えるVRヘッドセットの特徴 違いを解説します

これからSteamでVRゲームあとその…アレ用に…という人は参考にどうぞ

VRヘッドセットは主に二種類ある

  • スマホ挿入型
  • 映像出力型

おもにこの二つがメインになって来ます

スマホ挿入型

おもに安く多数販売されているのがこのスマホ挿入型VRゴーグル

中にスマホを入れてVR映像を映すという物になっており手頃にVR体験が出来ます

ゲームをしないのであれば特にこの型の物でも大丈夫

映像出力型

Type-Cなどのケーブルを使って映像を出力するのがこちらの型

機器とケーブルを繋いで映像をVRに出力するという物になっており主にSteamで使われるのがコッチ

ゲーム用として使うならこの映像出力型がメインになります

どっちがSteam用として使えるの?

使おうと思えばこの二つのVRヘッドセットはどっちもSteamのVRゲーム用途として使える

しかし機種の問題とかでカクつきなどが発生するので基本的には映像出力型の方がめんどくさくない

どちらを選んでもゲーム自体は遊べるのです

Steamで使うなら?

映像出力型の物を使うのが良いです

画質も良くゲームが快適に遊べるので特にVRの事知らないという人でも扱いやすいかと思います

映像出力型の機種はこちらにまとめました ご参考にどうぞ

スマホ挿入型 映像出力型 の違い

  • 付け心地
  • 対応フレームレート
  • 画質 解像度

付け心地

これは人によって個人差が出るところなのだがスマホ挿入型 映像出力型で結構フィット感が変わります

この感想などはVRヘッドセットごとに体験を別の記事で書いています

対応フレームレート

80Hz / 90Hz / 120Hz / 144Hzというようにその機種で出せるパワーが機器によってかなり変わって来ます

高ければ高い程ヌルヌルゲームがVRゴーグルに映し出せるようになります

対応フレームレートは高い方が良い?

動画を見る場合なら特に気にしなくて良いがゲームの場合は必須

対応速度が早ければそれ程遅延が少なく使えるようになるためズレを気にせずに遊べます

特にBeat Seberなどの音ゲーとか遊ぶとなるとこのフレームレートとかはとても重要

画質 解像度

スマホで映す物から4K画質の物など実は種類がとても豊富で機種によって大きく変わります

解像度が高ければそれほど高画質にVRヘッドに映し出せるためまるで実写か!?と思えるような綺麗な映像を出力出来ます

どの位あった方が良い?

遊びたいだけなら特に余り気にしなくて良いです

この辺の画質とかは余り変わらないような気がするので初めての場合ならそんなに気にする事でもないです

現実空間を抜け出してVR世界に移住する!という気持ちがあるなら4Kを使うと良いかも

質問箱

Vrゴーグルは何でも使えるの?

使おうと思えば全ての製品で使えます

PCでのVRゴーグルは映像を立体にしているゲーミングモニターのような物なので映像さえ出力出来れば何でも使えます

ただし対応フレームレートなどの快適面が大きく変わって来ます

Steamを使ってゲームを遊ぶのであればこの所は出来るだけ高くして遊びたいですね

メガネをかけている人でも使える?

付属のメガネスペーサーを使えば使えます

しかしメガネによって相性があるのでこの辺は調整が必要になってくると思われます

自分はかけていないのでこの辺は正直分かりません ゴメンナサイ

スマホのやつでPCの画質を出力できる方法を教えて

この方法です VR以外にも色々使えるので結構気に入ってます

Steamで使うならとりあえず映像出力型を使おう

SteamでVRゲームを遊びたい用途で使用するなら 映像出力型使うのがおすすめです

ムフフも出来てゲームも遊べるのでニヤニヤが止まりませんよ

VRを付けるとApexのオクタンの真似をした人は手を挙げなさい jajajaja!

タイトルとURLをコピーしました