ios android版 ibis paintの動作環境を解説

ガジェット

アプリの動作環境は探すとなると色々数字が掛かれていて何を使えば良いか迷います

そこで今回はこのアプリの動作環境について解説をしました

スマホ/タブレットのパワーが足りるかが心配な人はご参考にどうぞ

動作環境

公式にはあんまり載っていなかったので自分で詳しく調べました

最低動作環境快適動作環境
OSAndroid4.4
iOS12.0

iPadOS13.1以降
同上
機種Xperia Z2位
iPhone 5s位
Xperia XZs以上
iPhone X以上
CPUクァッドコアオクタコア
RAM2~3GB4GB

RAM2GBなどの格安スマホだと絵を描く際にカクカクするため結構気になります

最低でもRAM容量は4GB以上欲しい所で複雑な絵を描く場合にはゲーミング性能合っても良い所

性能が高ければ高い程複雑な絵が描けるようになります!

動作の感覚について

  • RAM 1GB 非常に遅い 書くやる気が起きない
  • RAM 2~3GB 1テンポ遅れて線が掛かれる
  • RAM 4GB 問題なし しかしレイヤーを使いすぎると高負荷が掛かる
  • RAM 6GB以上 複数のレイヤーでも問題なし

RAM2GBクラスのタブレット/スマホだと1テンポ遅れた感じで描写されるので書きにくいです

割と使い込むうちに超気になるのでここは専用の機種を導入しても全然良いかと

スマホ/タブレットのレベルはどの位でOK?

  • RAMが4GB以上
  • 2017年以降に発売されたスマホ
  • オクタコア位のCPU搭載機種

上記のスマホ/タブレットがあればこのアプリの動作環境はクリア

RAMが4GB以上

RAMの強さで言うと上位くらいのパワーが必要です

やや高性能のモデルで無いと線の描写がかなり遅れるのでこの位あった方が良いです

そこそこ性能が良い機種の物を使いましょう

おすすめのスマホ
携帯版 ibis paintに使えるおすすめのタブレットを紹介
今回はこのアプリ用に使えるおすすめのタブレットを集めました ios Androidと二つに分けて紹介していきます

こちらでおすすめのスマホを紹介してます ガチならゲーミング性能が必要かも

おすすめのタブレット
スマホ版 ibis paintに使えるおすすめのスマホを紹介
今回はこのアプリ用に使えるおすすめのスマホを集めました ios Androidと二つに分けて紹介していきます

こちらでおすすめのタブレットを紹介してます

2017年以降に発売されたスマホ

GPUのパワー的にこの辺りに発売されたスマホのパワーが必要ですね

これより前に発売されたスマホのモデルではRAM容量があってもカクカクする事態が起こる可能性アリ

ジャンクで転がってるヤツを使う場合は年式の所を確認してみて

オクタコア位のCPU搭載機種

やや高性能機種なスマホの多くに搭載しています

デュアルコアの製品(格安系)だとカクつく恐れがあるので注意

良く分からない人はiPhone位と考えるとOKですね

質問箱

違いなど気になってることなどをまとめて書いてみました

一度目を通してみるといいですね

このゲームは無料で遊べる?

無料/有料版(Xver)があります

一度購入さえすればまた削除してもDL出来るのでいつでも遊べる状態になります

広告が邪魔な場合 作業が邪魔されたくないならXverを使ってみましょう

スマホとタブレットどっちが良いの?

  • スマホ 特にやるだけで良い 画面の大きさは気にしない
  • タブレットいいかんじにおえかきしたい

とりあえず始めるならスマホで適当にやってみると良いです

このアプリだとどっちの方が有利?

タブレット版です

デカい画面でペンタブ感覚でお絵描きできるので楽しいです

簡単な絵位ならこれで済ませられる位にはありますね

中古で買うのと新品で買うのどっちがコスパ良い?

中古の方がコスパは良いです

しかしいちいち性能と年式を調べないといけないので面倒で時間的に見ると中古の方が高い気もします

メンドクサイ 早く打ち 速く走り 早く勝つ! という方は新品使うのがおすすめ

使いたい場面に合わせるとOK

自分は失敗しそうだからスペックは必要か?などを考えると使いたいランクのスマホが分かると思います

初心者な人は上の動作環境ランクを参考にしてスマホを選んでみると良いですね

さておえかきでもしましょうかー

タイトルとURLをコピーしました