PR

MTG オンライン用に使えるおすすめのGPUを紹介

Game

色々な性能のGPUがあり何を使えば良いか迷います

今回はこのゲームの動作環境をクリアしたおすすめのGPUを集めて見ました

何を使えば良い? 目安の機種などが知りたいという人はご参考にどうぞ

動作環境

最低動作環境 30FPS推奨動作環境 60FPS
OSWindows 7 32-bitWindows 7 64-bit
CPUPentium 4 class machine minimum 2 GHzIntel Core i Series or equivalent
GPU128MB video RAMHardware Accelerated SPU – 512MB video RAM
RAM1 GB (32-bit OS)
2 GB (64-bit OS)
4GB
容量650 MB free1 GB free
MTGO Home | MAGIC: THE GATHERING (wizards.com)

PCの性能自体はそこそこでGPUなども家庭用PCで十分足ります

OS自体もWindows7などの古い機種でも対応出来るためゲーミングPCなどは必要ではありません

通常性能のPCでも十分遊べる可能性のあるゲームだ

快適に使えるGPUを集めた

  • 2GB以上のヤツ
  • コスパが良い
  • HDMI端子が付いている

ここで紹介している快適に使えるおすすめのGPUは上記の要素に注目した製品を集めてます

ここで重要になって来る所

2GBあると楽々動作

変にGPUにコスパを削るとカクカクしてしまいゲームにならない所が出て来ます

そのため最低動作環境を狙ってGPUを使う場合は一度一回りの上の製品を使う考えに置き換えるのがおすすめ

2GB 性能のGPU

GIGABYTE Geforce GTX660

created by Rinker
日本ギガバイト
¥9,800 (2024/04/15 11:40:47時点 Amazon調べ-詳細)

コスパが安いですが十分ゲーム用として使用可能なGPUです

性能的にも低すぎずバランスの良い機種

NVIDIA GeForce GTX670

とりあえずコレを選べば失敗はしませんが全体的なコスパは微妙

素直に4GB相当のGPUを選んだ方が吉

ZOTAC Geforce GTX770

性能的にも低すぎずバランスの良い機種ですが素直の4GB相当の高性能な物を使った方が良いかも

4GBの性能のGPU

ASUS NVIDIA GTX 1650

created by Rinker
ASUSTek
¥35,000 (2024/04/15 03:21:46時点 Amazon調べ-詳細)

個人的に一押しなGPUシリーズの一つですね

PCメーカーの中でも非常に有名なASUSで4GBのGPU一つの基準の製品でもあります

バランスが良くコスパ最高なので困ったらコレを差してみて

ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TI

PCメーカーの中でも非常に有名なASUSから出ているGPUですね

とにかくコイツ万能で非常に使いやすいGPUとなっていて値段の安さと4GBの性能を3万以内に抑え込まれてるのが特徴

4GBのGPUになると高い物が多くなってきますがこの製品はかなり安めで高レベルのコスパGPUです

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX1650

スタンダードなGPUモデルとなっておりパワーも十分

玄人志向はコスパと性能のバランスが良いので色々使い勝手が良いのも良い所

GeForce GTX 970

代表的な4GBのGPUのモデルです

しかしこのGPUも発売は結構前になってるので消費電力 ファンのうるささが気になると思われます

GPUの質問箱

様々な思いついた悩みなどを書いていきます

あなたのおすすめのGPUは?

GTX1650とかおすすめ とても使いやすいGPUです

1GB以下のGPUでも動くの?

最低動作環境を超えていません

性能がギリギリで動いてる感じになりゲームの進行に問題が出る場合があります

クラッシュ 謎のデータ消失 などの不具合がたくさん起きるのでご注意

6GB以上の使えば最強?

たしかに最強ですが補助電源とか必要なので色々手間が掛かります

別途に電源ボックス ファンとかが必要になるためかなり難しくなります

GPUは一概に最強の性能を付ければ良いという訳でもありません

使いたい場面に合わせるとOK

自分は失敗しそうだからスペックは必要か?などを考えると使いたいランクのGPUが分かると思います

初心者な人は上の動作環境ランクを参考にしてGPUを選んでみると良いですね

とりあえずGPUが2GB以上のヤツぶっ差せばOKという事で