PC Steam DBD用に使える自作PCレシピを紹介

PCゲーム

たくさんのPCパーツなどが販売されており何を使うか迷います

今回はこのゲーム用に使える自作PC用のおすすめの部品 組み合わせをまとめました

組みたい自作PCレシピの比較 自作パソコンのレシピとかが良く分からない人とかは参考にどうぞ

必要動作環境/スペック

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必須(32Bitでは遊べない)

Steam:デッドバイデイライト (steampowered.com)

最低動作環境(minimum)

  • OS: Windows 10 64-bit Operating System
  • プロセッサー: Intel Core i3-4170 or AMD FX-8120
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: DX11 Compatible GeForce GTX 460 1GB or AMD HD 6850 1GB
  • DirectX: Version 11
  • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
  • ストレージ: 50 GB 利用可能
  • サウンドカード: DX11 compatible

Windows11でも問題無く動作が出来ます

推奨動作環境(Recommended)

  • OS: Windows 10 64-bit Operating System
  • プロセッサー: Intel Core i3-4170 or AMD FX-8300 or higher
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: DX11 Compatible GeForce 760 or AMD HD 8800 or higher with 4GB of RAM
  • DirectX: Version 11
  • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
  • ストレージ: 50 GB 利用可能
  • サウンドカード: DX11 compatible

ゲーミングPCが必要と言われがちなゲームですがそんな事は無く最低動作環境のGPUは1GBなので家庭用ノートPCなどでも十分に動作の可能性があります

CPUパワーもそこまで必要でも無いため高性能な物は必要無く少し低めの性能でも大丈夫だったり

しかし60FPS 120FPS以上で遊ぶ場合には相応にGPUのパワーが必要になるゲーム

60,120,240FPSが遊びたい場合にはゲーミングPCが必要だ

GPU FPS値早見表
  • 1GBのGPU 30FPS値以下
  • 2GBのGPU 60FPS値
  • 4GBのGPU 120FPS値
  • 6GBのGPU以上 神FPS(240FPS以上)

GPUのパワーで大体これ位のFPS値が出せます

主要自作PCパーツレシピ

高負荷がかかるゲームでも遊べる用のPCパーツをセレクト

最高クラス一歩手前な強さを誇ります

注目パーツ

玄人志向 80Plus GOLD 850W

GPUの性能が高いため600Wの電源では足りないので850Wの電源をセレクトしました

お墨付きの玄人志向ですので動作面 コスパともに優れております

Thermaltake Versa H26 White

格安かつ優秀でそこそこかっこいい使えるPCケース

自分も使ってるからという安易な理由です 実際自作PCを作る時はいつもコレを選んでる

虹色に光らせたいなら別の使おう

4ピン 電源延長ケーブル

このPCパーツの都合上付属の物だと線が足りないので別途で延長ケーブル必要です

Corei7-11400 F

高性能であり近年の高スペックゲームをカバーできる強力なCPU

値段は高いですがそれ以上に性能があるのが魅力

GTX1070

高性能にまとめられた強力なGPUで8GBというとても大容量で高性能なパワーを持っています

相当性能が高く今考えているゲームは大体できますが消費電力が多いのがネック

ASUSTek Intel H570

前のヤツでも良いですが後の事 GPUの相性などを考えるとこっちが最適

9世代マザボはどんどん在庫切れになってきておりそっちの方が高くなってるという理由もある

かつ昔のマザボだとCPUが使えないのでこれは新しいのにするべき

質問箱

さらにコストカットするなら…

  • HDDを中古使う
  • RAM(DDR4)を中古使う
  • CD/DVDドライブを付けない

これをすれば2万位はコストカット可能だ

HDDとかは中古でも全然問題なかったりするパーツです

一応おすすめのマークしてる中古PCサイトもあるのでそれで保険バリア張るのも良いかも

ドライブは付けるべき?

WindowsをインストールするのはUSBでもOKなので平気

しかしその場合はDVD版のOSはインストール出来ないので一つもPC持ってない人だと詰みます

後から外付け使うのも良しだがコンパクト性を考えると初めに付けた方が良い

電源ケチるのはアリ?

電源はあまりケチらない方が良い

無理にケチると電源パワーが足りずPCがやばい事になるのでおすすめしません

一回り上位がジャストの方が困らないです

自作PCと作成済PCどっちが良い?

安定性を重視 失敗したくないなら断然作成済みPC

しかし最近はネットでも破損による部品交換ができるようになってきたため保険が効かせて自作PCが作成となってきた

保障によるバリアは実際心が安心できるので挑戦する価値も非常にあります

自作PC作るの怖い

  • 裸でパーツを組み立てる(マジ)
  • 作る前に鉄の物に触れる
  • 組み立て時に頭を触らない

これさえすれば極限にPCトラブルを無くせる

裸はネタに見えるかもしれないが

  1. 服の繊維が出ない
  2. 静電気を極限に無くせる

と 繊細な部品を触る際の条件には極限に合っており安全性は極めて高いです

自分も極限に失敗を減らすためにも毎回裸で組み立てを行ってます(ドン引きしないで!)

一歩踏み出して

組み立て時に故障するという不安もありますが成功すれば他のそのPCパーツより安いです

自作PCを経験さえすればPCの知識 苦手意識が一気に消えるので強くなれます

初めてさえ超えれば後は全然楽です がんばって

タイトルとURLをコピーしました